子供

私立と公立の高校どっち?学費の平均を比較考察【わかりやすく】

fb11fd53528f2fb245c4d96709195f51_s

私立と公立、お子さんを通わせるなら
どちらの高校がいいのでしょうか?

進路の希望によっても適した高校が
異なってきますが、親としては、
子供には少しでも良い教育を
受けさせたく、貯金に性を出し、
節約や副業にも力を尽くす事でしょう。

今回は、私立の高校の学費と、
公立の高校の学費を平均額で比較して
いきますので、参考になさってください

高校授業料無償化制度が2014年から
新制度になり、所得制限が設けられ
ました。



スポンサード・リンク


 

高校の学費


高校授業無償化制度が2014年から
新制度、高等学校等就学支援金制度と
なりました。

この制度は、公立、私立とも対象に
なります。

以前の制度では、公立高校の授業料が
条件なしで無料になっていましたが、
改正で所得制限ができました。

年収910万円ほどの世帯の場合、学費の
補助を受け取れなくなりました。

補助を抜いて、公立高校に通うには
どのくらいの学費がかかるのでしょうか

関連記事:
子供の教育費の貯め方!大学まで

公立高校の学費


公立高校でかかる学費は、
入学年が一番多いです。

年平均をみると、40万9979円と
ありますが、
高校1年生時は、48万8134円と、
平均値よりも8万円も高くなっています

この内訳は、
学校教育費 24万2692円
学校外活動費 16万7287円
学校給食費 0円

教育費の中には、授業料も含まれて
います。

高等学校等就学支援金制度の受給が
ある場合には、この金額と異なる
場合があります。

教育費の内訳をみていきます。

授業料        7595円
修学旅行費等  3万436円
学校納付金等  4万3831円
実習材料費等   3万7195円
教科外活動費   3万9840円
通学関係費    7万4735円
その他 4060円
(2014年度のデータです)

また、学校外での活動や、
教育費にもお金がかかります。

家庭内学習費   1万5424円
学習塾費     8万2011円
芸術文化活動費  1万2319円
スポーツ       7814円
教養、その他    1万946円

こちらも平均値ですが、
学校の勉強や、受験のための
塾費用に一番お金がかかっていますね。

学費のほかにも費用がかかることは、
前もって知っておくべきことですね。

塾によって月謝の値段も変わりますし、
最寄りの塾にするのか、塾選びを慎重に
するのかで、交通費がかかることも
あるでしょう。

関連記事:
私立と公立の中学校どっち?学費の平均



スポンサード・リンク


 

高校の学費②


公立高校と私立高校では、学校外の
費用以前に、授業料などにかなりの
差があります。

改正された高等学校等就学支援金制度は
所得制限ができた代わりに、
低所得世帯の場合、私立高校の
学費補助の加算金が増えています。

所得に関わらず、進路先を選べるように
改正された、というわけです。

公立高校に通う所得制限よりも多い所得
世帯の方には、不利になって
しまいましたが、その分、低所得の方の
私立高校の学費を援助してくれます。

収入によって、加算金の割合が
変わってきます。

年収250万円未満ほど:2.5倍
年収250万~350万円ほど:2倍
年収350万~590万円ほど:1.5倍

上から、24750円、19800円、14850円
の月々の学費の補助金が受け取れます。

私立高校は、その高校によって学費の
平均値が違いますが、
全体の平均値をまとめますので、
参考になさってください。

関連記事:
私立と公立の小学校どっち?学費の平均

私立高校の学費


私立高校の年間の学費平均値は、
99万5295円です。

私立でも、3年間の内、1年目の
入学時が一番費用がかかります。

1年目が、117万8991円
2年目が、93万9161円
3年目が、85万5640円

平均額をみても、公立高校とは、
約60万弱の差があります。

学費の内訳は、
学校教育費     74万144円
学校外活動費   25万5151円
学校給食費        0円

私立の場合、昼食にはお弁当を
持って行くことになりますので、
給食費が0円でも、その他に費用が
かかります。

教育費と学校外活動費は、
公立と比べてかなり高額ですね。

それぞれの内訳をみていきましょう。

教育費は、
授業料      25万8542円
修学旅行費等 5万1766円
学校納付金等  22万8655円
実習材料費等   3万9191円
教科外活動費   4万5892円
通学関係費    11万1297円
その他 4801円
(2014年度のデータです)

関連記事:
私立と公立の大学どっち?学費の平均

次に、学校外活動費です。

家庭内学習費   2万6249円
学習塾費     14万2063円
芸術文化活動費  1万5180円
スポーツ      1万17円
教養、その他   1万8505円

私立の場合も、塾費用に一番お金が
かかっていますが、
公立の平均額とは1.5倍以上の差が
あります。

しかし、高等学校等就学支援金制度で
月々24750円の補助金がもらえた場合、
授業料を丸々カバーできます。

それでも、私立のほうが全ての費用で
高い平均金額が出ています。

私立へ通う場合、公立よりも、
年間20万~30万円ほど、費用が多く
かかるでしょう。

補助金がない場合には、さらに30万円
ほどの学費が必要です。



スポンサード・リンク


関連記事

  1. e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s 賢い貯金の仕方!ゆうちょ貯金や各銀行の定期預金を比較してみよう!…
  2. 062ca62d8f9377a711fe79f4836b70d7_s 貯金ゼロの30代独身!貯金できるシステムを作ろう!
  3. piggy-bank-968192_1920 40代独身女性の貯金額の平均と将来必要な貯金額について!
  4. piggy-bank-968302_1920 一人暮らしの生活費を完全把握!貯金術の成功例を紹介!
  5. woman-591576_1920 心の豊かさの本当の意味を知って人生を豊かにしよう!
  6. 7f9de023823f17d29c9830df2fb8b29e_s 貯金の仕方!4分割貯金とは?楽に簡単に貯金出来てしまうオススメ!…
  7. ba825149b43c80ba77d2515ea467e478_s 私立と公立の中学校どっち?学費の平均を比較考察【わかりやすく】
  8. piggy-bank-1056615_640 40歳独身で貯金がない!中央値から自分の現状を知ろう!

NEW

PAGE TOP