節約

保育園の無償化はいつから?所得制限など対象範囲が気になる!家計節約がラクになれば良いな!

2a0ef40a1968defc32c11fcdae38e6a6_s

安倍内閣は、2兆円になる規模の
政策パッケージ内に、保育園の無償化を
盛り込んだ事がニュース等で話題に
なっている。

高所得の家庭でも、何らかの事情があり
所得制限の対象となる家庭でも、
良い教育を子供に受けさせたいという
親の気持ちは変わらないばかりか、
貯金や節約に心奪われる親からすれば
家計も助かるからである。

幼少期に受けた教育という、いつからか
本人にとって大切になる物を、無償化で
送る事が出来る様になるのだ。



スポンサード・リンク


 

保育園の無償化はいつから?気になるタイミング!


安倍内閣は「人づくり革命」と
「生産性革命」の2本柱の新しい
経済パッケージを閣議決定した。

その中に保育園をはじめとする
幼児教育の無償化と高等教育の無償化を
2兆円を投じて実施する事が
盛り込まれている。

その無償化をいつから実施するかの
タイミングは多少の時間差があり、
またその制度の恩恵にあずかる対象に
あてはまる所得制限がある事でも、
対象となる児童と生徒を育てる親に
とっては聞き逃がせない話題と
なっている。

教育の上でいつから良い教育を受ける
べきかは、第一に幼少期である事は
間違い無く、保育園で集団生活を経験し
小学校に上がるという人生の上で大切な
時期だからこそ、この無償化は必要な
制度と考えられる。

保育園もしくは幼稚園には少なくとも
3年間の通園期間があり、
所得制限による無償化の対象ならば
いつからその恩恵を受けられるかが
親にとっての問題であり、
これは高校に通っている生徒の親に
とっても同じである。

その所得制限を定めた上で
無償化を行う為の2兆円の財源は、
2019年度の消費税の増税分で賄われる
予定であり、高等教育の場合は、
私立高校の平均授業料の金額である
約39万円を支給する事で実質上
無償化する予定となっている。

そして所得制限の対象者の
親が気になっている
「いつから始まるか」のタイミングは、
2019年4月に5歳児を対象として始まり、
2020年4月から3歳児と高等教育も
対象にした完全な無償化になる
という
予定となっている。

親が無償化の対象となる条件に
当てはまる事をよく確認して、子供の
対象となる保育園もしくは幼稚園の
選択が心配無く出来る事が
大きなメリットになると考えられる。

家計の上で多少の無理をしてでも、
保育園や幼稚園できちんとした教育を
受けさせておきたいと考える家庭ならば
この制度を心待ちにしていた事は
間違い無く、恐らくは習い事等の
費用が助かるという面がある事も
間違い無い。

家庭の収入の所得制限の有無も関係無く
多くの家庭に対して無償化が行なわれる
事で、教育格差はいつからか無くなる
事を目指している制度と言われている。

ここで教育制度を充実させる為の
「無償化」の対象者は、3歳児以下では
どの様な条件になっているかを
確認してみたい。



スポンサード・リンク


 

保育園に通う前の所得制限の対象者は?無償化で拡がる教育の幅!


ここでは、保育園に通う前の、いつから
子供が通うかを楽しみにしていると
思われる0歳から2歳の子供を持つ家庭
を対象とする無償化の条件とは、
年収約250万円以下の
「住民税非課税世帯」
である事である。

つまり所得制限が年収約250万円となる
訳であり、この様な家庭を対象とした
救済措置としての保育園の無償化は
大きな意味がある。

子供に良い教育を受けさせたいと願う
親の気持ちは、所得制限に関係無く
全ての親が持っているからである。

また完全無償化となる、3歳以上の
子供がいる家庭ならば、所得制限を
超えている高所得者層の家庭も対象と
なっているが、親の考えで有効に
活用したいと考えるケースもある。

つまり、高所得者も所得制限は関係無く
いつからか無償化の対象になるが、
子供により良い教育を受ける為の費用が
助かるならば、その家庭の教育方針に
沿った子育てをする上で大きな後押しも
必要になって来る事もあるのだ。

その財源は上述の通り消費税の増税分
ではあるが、子供がいない家庭からも
保育園の無償化の為に税金を取るとは
割に合わないという反対派の人も
一定数いると思われる。

しかしながら幼児教育を受けた子供が
いつしか大人になり、独り立ちする
際に役に立つような教育を受けさせる
為に、所得制限のある保育園の無償化の
対象家庭の子供にも良い教育を受ける
必要がある事を忘れてはならない。

だから保育園の無償化の制度の整備は、
「いつから」やる物ではなく、正に
今すぐに所得制限の垣根を取り払って
でも行う必要がある。

そして反対派が考えるべき事は、
この制度は目先の損得よりも、
いつか次の世代と対象とした
教育の成果が向上した事が理解できる様
にするための制度という事である。

まとめ


現在は正規雇用で働く人口も減少しては
いるが、子供に良い教育を受けさせて
あげたいという願いは、どこの家庭の
親も同じであり、所得制限は関係無い。

保育園の無償化は多くの家庭の家計の
助けとなり、しかも子供を対象とした
より良い教育を選択出来る可能性を
拡げる事もあるだろう。

いつか子供がその恩恵に気付き、
感謝される日が来る事を反対派も
考えるべきだ。

ちゃーべん

<参考サイト>
毎日新聞
児童手当(こども手当)最新情報



スポンサード・リンク


関連記事

  1. b28610d5cef374d974ed93ca8d0c600a_s 年末調整とは何?わかりやすく解説します!保険料などの控除について…
  2. bullet-train-66091_1920 新幹線の料金を格安で利用したい!!どんな割引サービスがあるの!?…
  3. a5b243dfb6b4fa78facf3d0362572409_s 冬のガス代を節約するアイデア!毎日の風呂やシャワーは特に注意!
  4. eb0e2efc66df583157c5c141db001f91_s 一人暮らしで自炊なしの食費節約!すぐにできる節約のコツ
  5. 13723f9ae6a8d0d146536e49b3ecf1c1_s 節約術!結婚式披露宴を低予算でステキなものにする方法マトメ!!
  6. 3f887c35babf6efa7ee237ab7ba03102_s 断捨離で後悔しない簡単なやり方とは!?失敗事例から考えてみよう!…
  7. 0d1198ae02033e17ddf852bf46a7bc3b_s ロハコ【LOHACO】送料無料や0円サンプルを活用!Tポイントも…
  8. a85208a7299179b119589695dacfe25e_s 主婦から学ぶ節約術マトメ!独身者とは節約への執念が違います☆

NEW

PAGE TOP