節約

保育園はいつから無料に?幼稚園と費用で違いは?幼児教育無償化情報

d220d36c470d74aa9f4057e66d8ff966_s

保育園の無償化は自民党の公約だった
事を覚えている人も
多いのではないだろうか。

一体いつから無償化になるのだろうか。

また、保育園と幼稚園の費用は
いかほど違うのか。

保活が厳しくなっている
今だからこそ、調査してみよう。



スポンサード・リンク


 

保育園と幼稚園!費用の無料や無償化はいつから?


昨年の総選挙で自民党が掲げていた
公約の幼児教育無償化の実現が
いつからなのかと期待している人も
多いのではないだろうか。

保育園や幼稚園にかかる費用が無料に
なるのならば、今、保活で苦しい思いを
している人もスムーズに
保活が進められるはずである。

では、保育園や幼稚園の費用が無償化に
なるのは一体いつからなのだろうか。

ここで気を付けてほしいポイントは、
「年齢別に無償化の恩恵を受ける事が
出来る世帯が決まっている。」
という事だ。

0~2歳児は低所得世帯、3~5歳児は全世帯を無料にするとした。
引用:朝日新聞

3歳以上の児童ならば全世帯で
保育園・幼稚園の費用が無料に
なるのだが、それ以下の場合は
注意が必要になるのだ。

だが、3歳以上からになるが全世帯が
幼児教育無償化の対象になるのは
うれしい事ではないだろうか。

では、その保育園・幼稚園の費用が
無料になる「無償化」になるのは
いつからなのか気になる所だろう。

いつから、保育園や幼稚園に
かかる費用が無料になるのか、
今の段階でお子さんがいる家庭は
気になるのではないだろうか。

出来る事ならば、
今すぐ無償化になって欲しい人が
大半だろう。

そんな気になる保育園・幼稚園の費用
無償化がいつからか?についてだが、
次の章で詳しく調査してみよう。



スポンサード・リンク


 

いつから保育園や幼稚園が無料になるの?


保育園や幼稚園にかかる費用が
無料になる幼児教育の無償化が
いつから開始されるのか?

具体的に、いつから幼児教育無償化に
なるのかと言えば、
実は2019年から段階的に実施される
ようなのだ。

保育園や幼稚園にかかる費用が無料に
なるのであれば、
現在、費用が安く済むという理由で
保活をしている人には
有難い話ではないだろうか。

更に、市区町村が認めれば認可外の
保育園であっても
無償化の対象になり得る方針を
固めたのである。

これによって、待機児童の問題が
解決する事を政府は
期待しているのだろう。

だが、ここで保育園・幼稚園の費用が
無料になる事で経済の格差が
広がって行くのではないか?と
懸念する声も挙がっている。

前述したが、2歳までは低所得の世帯で
費用が無料になる。

両親が正社員であり、共働きであれば、
ポイントが高い為、認可保育園に
入る可能性が高いだろう。

だが、自営業やパート、派遣などの場合
獲得ポイントも低い為、
認可保育園に入園する可能性が
低くなるのである。

市区町村に認められれば認可外でも
無償になる可能性はあるのだが、
どの程度であれば認められるのか
現在では判っていないのだ。

その為、経済格差が広がる事を
懸念する声が挙がっているのが現状だ。

まとめ


幼児教育無償化により、安心して子供を
預ける事が出来る世帯が増えれば、
働き手を増やす事もできるだろう。

だが問題なのは、保育士の数が
足りていない事ではないだろうか。

子供がいる世帯からは、
色々厳しい意見も出ている様なのだ。

幼児教育無償化の前に
実現しなければいけない事が
ある気がしてならない。

HARU

編集後記


「子は国の宝」という考え方に
異を唱える者はいないだろう。

幼児教育の無償化の実現、更には
高等教育の無償化の実現が成されれば
各家庭の教育費に関する負担や不安が
解消され、少子化や人口減と言った
問題も緩和され、人口が増加すれば
税収もアップするだろう。

親の世代には全く理解しがたいが
現代は、小学生がタブレットを使用して
授業を受け、コンピューターの
プログラミングを学ぶという時代であり
それもこれも全て、インターネット時代
の20年先、50年先を見据えての教育だ。

諸々問題も挙げられてはいるが、
多少の無理をしてでも財源を確保して、
実現すべき事である。

納税や控除云々と言った複雑な仕組みは
一般人には中々理解出来ないが、目先の
子供の教育費という大きな負担が消える
という事は、大変分かり易く、
国民の誰もが望んでいる。

間違いなく後世に名を残すであろう
安倍首相も、教育無償化の実現という
前人未踏のポジティブな快挙は、
実際にその教育を受けた全国民からも
感謝され、憲法改正などよりも、
その功績を更に輝かせるに違いない。

子は国の宝であり、
親とは、国そのものである。

参考サイト
朝日新聞
毎日新聞
mamanare、他



スポンサード・リンク


関連記事

  1. 73e1eaa4a85726529a5931010bb417cf_s ふるさと納税の仕組みやメリットとデメリットを簡単説明!本当にお得…
  2. office-1273985_1920 節約生活!シンプルで簡単な身につけるべき生活習慣のマトメ!
  3. 7a3312347af2843ba398140b0f716ca6_s やっぱり猫を飼いたい!年間飼育費用と医療費など注意するポイント!…
  4. dbed27af778353d5d737e4bfe2edf1e1_s 冷蔵庫を節電する方法のマトメ!全てチェックして実行しよう
  5. 843318 浪費家の心理は!見栄っぱりを治す方法を知りたい!!
  6. showcase-970262_1920 見栄っ張りな人の特徴w貧乏からの脱出の為に考え方を変えよう!
  7. e9f4459d0f71eef57ca02a61256c799b_s 賃貸アパートの更新料は払わなくて良い!?家賃交渉と併せ技もアリ!…
  8. 0a67244aecfe0b4e6ec44c3158d558d1_s ドコモのスマホ料金プランの見直しで最安じぶんプランを目指そう!

NEW

PAGE TOP