貯金

タンス貯金か銀行に預けるか?メリットが大きいのはどっち?

8f991c0a833c1278d9a4e07cd6d16405_s

お金を貯金する時、あなたなら
銀行に預けるかタンス貯金をするのか、
どちらを選ぶだろうか?

銀行に預けるにしろ、タンス貯金をする
にしろ、メリットとデメリットがある。

大切なお金を貯金するには自分にとって
より良い方を選ぶ事が大事だ。

ここではそれぞれの貯金方法について
メリットとデメリットを解説する。



スポンサード・リンク


 

タンス貯金と銀行に預ける貯金のメリットとは?


タンス貯金と銀行に預ける貯金では
あまり違いがないと思っている人も
いるかもしれない。

しかし、それぞれに全く異なった
メリットとデメリットがある。

タンス貯金と銀行に預けるかで
悩んでいるなら、メリットと
デメリットを理解して、より
お得な方法で貯金をしたいだろう。

まずは、タンス貯金のメリットと
デメリットから見て行こう。

タンス貯金は文字通りタンス等の
家具に貯金をする事を含めて、自宅で
現金を保管する貯金の事だ。

タンス貯金は急増していて、
マイナンバー対策や、
日銀のマイナス金利で預金の金利が
低下した為に資金流出が起こっている
のが原因だと言われている。

タンス貯金のメリットとしては、

・銀行倒産時のリスク回避
・口座凍結の心配がない
・引出し時間に拘束がない
・引出し手数料が不要
・引出し制限がない
・贈与税が発生しない
・政府に保有額を把握させにくい

等が挙げられる。

デメリットとしては、

・利息が付かない
・インフレで価値が減少する可能性
・災害や盗難の保証がない
・タンス貯金の場所を忘れる可能性

等があった。

次は銀行に預けるメリットと
デメリットを見て行こう。

銀行に預ける場合、普通預金と
定期預金がある。

ここでは両方の預金方法に
共通するメリットとデメリットを
挙げて行く。

銀行に預けるメリットとしては、

・利息が付く
・災害時の補償がある
・盗難の心配がない
・貯金を決済に利用できる
・ペイオフ制度がある

等がある。

デメリットとしては、

・銀行が倒産するリスク
・ATM手数料がかかる

等が挙げられる。



スポンサード・リンク


 

メリットが大きいのはタンス貯金?それとも銀行に預けるべき??


タンス貯金と銀行に預ける場合の
メリットとデメリットについては
理解して頂けただろう。

では実際にはタンス貯金と銀行に
預けるのと、どちらの方が
メリットが大きいのだろうか?

結論から言うと、銀行に預ける
メリットの方が大きいと筆者は
考えている。

タンス貯金ではインフレで
価値が減少してしまう可能性が
ある事が大きなデメリットだ。

インフレによって、物価が上昇し、
通貨価値の下落が起これば、タンス
貯金は目減りしてしまう。

アベノミクスでは、毎年約2%の
インフレが予定されている。

予定通りにインフレが進めば、
タンス貯金の価値は時間の経過と
共にどんどん目減りして行く
だろう。

しかし、銀行に預けておけば、
目減りした分は金利で補填する事も
可能である。

また、タンス貯金では保管した場所が
分からなくなってしまう恐れもある。

実際に、ごみ処理場で処分された
家具の中から大金が発見される
ケースもあるのだ。

これはタンス貯金をした場所を
忘れてしまった典型的な例だろう。

銀行に預ける場合、銀行が倒産して
しまう可能性を恐れる人もいる。

しかし、ペイオフと言う制度があり、
この制度は銀行が経営破綻した場合に
元本1,000万円とその利子を返還保障
してくれる物だ。

確かに、1,000万円を超えた分の
預金については保証してもらえない。

だが、預ける金融機関を分散する事で
このリスクは回避できる。

以上の理由から、タンス貯金をする
よりも銀行に預けておく方が
安全でありメリットも大きいのだ。

まとめ


タンス貯金と銀行に預けるのとで、
どちらの方がよりメリットが大きいか
を見て来た。

銀行に預ける方がメリットが高い
と言うのが結論である。

だが、すぐに使える一定量のお金を
手元に置いておく方が良い
場合もある。

一方の方法に偏るのではなく
リスクを分散させる意味でも
状況に合わせて、貯金の仕方を
使い分けるのが賢い選択だろう。

サカモトマユ

編集後記


シンクタンクによれば日本全国で40兆円
ほど有るとされているタンス貯金。

まとめで述べた様に急な冠婚葬祭などの
準備金として必要最低額だけを手元に
遺すハイブリッドな手法がお勧めだ。

バブル崩壊以降の銀行金利は、
無いに等しいイメージが定着しているが
上述の様にインフレ対策程度にはなると
考えられ、チリツモな行為である貯金を
実行して行く上では無視出来ないもの。

また、贈与税や相続税の対策として
タンス貯金を選んでいる方も多い様だが
これは間違った考え方である。

税務署の強い調査力の前では、
全く無意味だとする識者の意見も多く、
同じタンス貯金であっても、
目的が異なれば結果が違ってくる。

税金に関しては、合法な節税を
施した上で、正直に収める事が、
国の為にも自分の為にもなる。

未申告がバレて40%の上乗せという
不本意な罰則を受けてしまうよりも
そもそも払うべきものとして
気持ちよく払った方が精神衛生的にも
ダメージが少なく後々の良い結果に
繋がるだろう。

<参考>
相続情報ラボ
All About マネー
Business Journal



スポンサード・リンク


関連記事

  1. 5388081718f7da438ec6733cc66d415e_s 貯金の成功!銀行口座を分けるという手法の有効性と手法のマトメ
  2. 5f32df08af3a854d732cd09590040146_s 私立と公立の大学どっち?学費の平均を比較考察【わかりやすく】
  3. cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s 変動金利と固定金利!住宅ローンを借り換えるべき条件やタイミングと…
  4. a0001_003964 超富裕層と富裕層とプチ富裕層の違い!せめてプチ富裕層には入りたい…
  5. piggy-bank-1056615_640 40歳独身で貯金がない!中央値から自分の現状を知ろう!
  6. 98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s 利回りの良い金融商品!オススメと注意すべきポイントは?
  7. 8a15b0695d98565a9e2b8c6075eba3d1_s 銀行が利益を出す仕組みを知っておこう!【貯金貯蓄の知識】
  8. 4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s 40代の平均貯金額を独身女性・夫婦・独身男性で調べてみました!
PAGE TOP