保険

自転車保険は義務化されるも罰則ナシ!子供の事故にも備えよう!

woman-1245961_1920-1

交通事故と聞くと自動車が原因となって
引き起こされるものが浮かびがち
ですが、実は自転車による交通事故も
多いのです。

これは、節約の為、健康の為
などの理由で通勤などに自転車を
多用する人が増えたためでしょうか。

歩きスマホと同様に今後は、
社会的な責任問題として
注目されそうです。

自転車による重大な事故が多発して
いることから、中には自転車保険が
義務化されている地域もあります。

しかし、義務化されているものの
自転車保険に未加入であっても罰則が
ないというように、
ちょっと変わった状況のようです。

子供の事故に備えるという意味でも、
押さえておきたい自転車保険について
まとめていきます。

 



スポンサード・リンク


 

自転車保険の義務化?だけど罰則ナシ!


運転免許が必要な自動車と違い、
自転車は乗ることさえできれば、
大人から子供まで、
誰でも運転することができます。

特に、子供が通学に自転車を使っている
という方も多いのではないでしょうか。

しかし、手軽に利用することのできる
自転車ですが、一歩間違えれば危険な
事故につながることもあります。

自動車保険の重要性が叫ばれる
一方で、自転車保険に関しては
あまり重要視されて来なかった
ようにも思われます。

自動車ですと、自賠責保険に入らないと
罰金が科せられるなど、
罰則がありますが、
自転車の場合、保険は義務化されて
おらず、罰則もありませんでした。

そんな中、2013年に神戸地裁が
自転車事故の加害者に対して
9,000万円以上の高額の賠償を命じた
事により、自転車保険の義務化の
動きが一気に加速しました。

2016年10月現在では、兵庫県、大阪府、
滋賀県で自転車保険が義務化されて
います。

この自動車保険の義務化は条例により
定められています。

自動車保険の義務化について
大まかにポイントを見てみましょう。
547450
 

保険加入義務がある対象者


自転車保険の義務化により、
保険に加入しなければならないのは、
自転車の利用者、未成年の保護者です。

また、兵庫県では自転車を業務で使う
事業者も義務化の対象としています。

ここでは、自転車の利用者について
さらに詳しく見たいと思います。

・自転車の利用者

ここで言う、自転車の利用者とは
兵庫県、大阪府、滋賀県で自転車を
利用する全ての人を指します。

つまり、他の都道府県に住んでいても、
制度制定前に購入した自転車の所有者で
あっても、兵庫県内、大阪府内、
滋賀県内で自転車に乗るのなら
保険に加入する必要があります。

 

保険に入らなくても罰則はない!?


驚くべきことに、自動車保険未加入に
対する罰則の規定はありません。

しかし、これは保険に入らなくても
良いという意味ではありません。

自転車保険に加入しないまま、
運転をすると条例違反となります。

 



スポンサード・リンク


 

自動車保険のオススメは?子供の事故にも備えよう!


自転車保険の加入が義務化されたものの
どのような保険に入れば
良いのでしょうか?

自動車を運転する際、未加入だと
罰則がある自賠責保険は、
車両にかける保険だと言われて
います。

それに対し自転車保険では、
自転車事故による被害者の
生命または身体の損害を補償すること
のできる保険に加入することと
されています。

とはいえ、これだけだと何となく
分かりにくい気もしますよね。

罰則がないとはいうものの、
自転車保険の加入は義務化されて
います。

また、未成年の子供がいる保護者は、
子供を保険に加入させる
必要があります。

子供は交通社会での経験値が浅く、
どれだけシッカリと言い聞かせても
現実味が無く、事故に遭う、
もしくは加害者になってしまう
可能性が非常に高いです。

それでは、
いったいどのような保険に入るのが
一番良いのでしょうか。

身も蓋もない言い方ですが、
保険の加入状況など人によって
様々であるという答えになって
しまいます。

そのため、基本的な考え方について
ご紹介したいと思います。
486511
自転車保険が義務化となった背景として
自転車事故で、非情に高額な賠償金
が命じられる事例が出てきたこと
がありましたね。

とても、一般の家庭に払えるような額
ではないから、
被害者の命や体を補償できる保険に
入りましょうということです。

もちろん、自転車の運転者に対する
保険という意味もあります。

自転車保険の多くは、傷害保険と
個人賠償責任保険がセットになった
ものがほとんどのようです。

しかし、人によっては他の保険が
どちらか、または両方をカバー
している場合があります。

そのため、現在入っている保険では
賄いきれない分について、
新たに保険に加入する
という方法が考えられます。

自転車保険の義務化は、
今後、ますます進んでいくと
考えられますし、
同時に、自転車での事故で
加害者となった際には
自動車と同様な扱いとなってくる
といった恐れもあります。

転ばぬ先の杖。という意味でも
自転車に関するリスクマネジメント
も、今後は必要でしょう。

普段通勤で自転車を使っている方や
子供が自転車通学をしている
という方は、
今一度、自転車保険について
見直してみてはいかがでしょうか。

mick



スポンサード・リンク


関連記事

  1. 0d1198ae02033e17ddf852bf46a7bc3b_s ロハコ【LOHACO】送料無料や0円サンプルを活用!Tポイントも…
  2. bullet-train-66091_1920 新幹線の料金を格安で利用したい!!どんな割引サービスがあるの!?…
  3. bath-1262407_1280 マンションの水道代が高い!?異常の原因究明と問合せ方法まとめ!
  4. call-71169_640 マイネオとは?評判と実際の通話料金を調査!時代は格安スマホ?
  5. c97e1380fc8b27d54f279cace209dd5b_s スイカ【Suica】ポイントの貯め方と使い方!知ってましたか~?…
  6. 00f49a0d03f1958f405b848cd6ef076a_s Yahooプレミアム会員の特典を使いまくれ!メリット・デメリット…
  7. f912cdb91641379cbde0de5b3adaaf33_s サラリーマン旦那様の小遣い内訳!節約の対象になる!?
  8. e3e7516102c42a20df7a1a27f6cc20b2_s 青春18きっぷの複数人での節約的使い方と注意点!途中下車は可能?…

NEW

PAGE TOP