老後

老後に必要なお金はいくら?一人暮らし独身男性の場合を考察!

man-415552_1920

老後に必要なお金ってどのくらい?
家族がいる方も、独身の方も
今の日本に住んでいたら
老後を不安に感じる瞬間がありますよね

どのくらい貯金すれば
老後を生き抜けるのか、
今回は一人暮らしの独身男性に
的を絞って書いていきます。

 



スポンサード・リンク


 

老後に必要なお金はどのくらい?


基本的な生活が送れればいいのか、
余暇のような楽しみや、
趣味に費やしたいのかでかかる生活費が
変わってきます。

ここで基本的にかかるお金はいくらか
みてみましょう。

60歳以上の独身男性の一人暮らしに
かかる生活費は15.3万円です。

これには住宅ローンなどのお金は
入っていないので、
60歳以降も賃貸住宅に住む場合には
賃料を上乗せして計算してください。

また、この金額は衣食住だけである
基本生活費に必要な金額です。

ゆとりのある生活を送りたい方は
25万円くらいを考えておきましょう。

 

基本生活費


仮に85歳まで生きた場合上記の金額で
計算すると、

・基本生活費のみ

15.3万円×12ヶ月×25年=4590万円

・ゆとりを持った場合の生活費

25万円×12ヶ月×25年=7500万円

となります。

考えただけで気が遠くなりそうな
お金ですね。

更に家賃の上乗せが必要ですので、
これ以上のお金がかかることに
なります。

それでは、独身男性の一人暮らしの
老後に必要なお金は
いったいいくらになるのでしょう?

 

老後に必要な資金


上記で、
独身男性の一人暮らしの老後に必要な
お金の金額はわかりましたが、
準備すべき資金の金額は
どうでしょう?

以下に解説します。

老後の収入(年金)は、
60歳~85歳までなら、
国民年金であれば1320万円
厚生年金であれば3552万円
が見込めます。

なので、基本生活費と年金で得られる
お金の差額が準備するお金の金額です

それでは差額を計算してみましょう。

・基本生活費のみ

国民年金加入の場合
4590万円-1320万円=3270万円
厚生年金加入の場合
4590万円-3552万円=1038万円

・ゆとりある生活

国民年金加入の場合
7500万円-1320万円=6180万円
厚生年金加入の場合
7500万円-3552万円=3948万円

このように、ゆとりのある生活を
希望している方が
国民年金加入者の場合、
実に6180万円ものお金を
準備しなければなりません。

一人暮らしですと自分の
ライフスタイルや好みに合わせて生活
できることがメリットですから、

まずは、自分の希望を把握して、
どのくらいの資金を準備する必要が
あるのか計算しましょう。

 



スポンサード・リンク


 

一人暮らしの男性に病院や介護が必要になった場合


高齢になると病院へかかる回数が増える
可能性があります。
そうなると心配なのが医療費ですよね。

 

・医療費


70歳以上の医療費の自己負担額は
基本的に1割となりますし、
高額療養費制度を活用すれば、
もし、入院したとしても
最大4.4万円の負担となります。

それ以上に医療費がかかることは
ありません。

ただし、通院時の交通費や
差額ベッド代などは、公的な制度では
フォローしきれないところもあるので、
医療保険の活用をおすすめします。

過度に心配する必要は無さそうですが、
準備するに越したことはありませんよね

 

・介護


一人暮らしの独身男性の場合、
介護が必要になったときに、
妻や子供に頼ることができないため
介護施設への入居や、ヘルパーさんに
来てもらわなければなりません。

施設によって金額は上下しますが
通常介護施設への入居には
100万円前後のお金がかかり、毎月の
費用も約20万円ほどかかります。

介護保険制度などの公的制度も
ありますので、今のうちからチェック
しておきましょう。

 

最後に


上記にある一人暮らしの独身男性の
老後に必要なお金の金額には
退職金や企業年金が含まれていません。

退職金や企業年金については、
勤めている会社の制度によって
異なりますので、勤務先の制度を
調べて準備しましょう。

1人当たりの平均退職給付額は
約2500万円~931万円となっています。

自分がどのくらいもらえるのか
確認しておきたいですね。

家を購入してしまっている場合は
資金を計算するのが難しくありませんが
一人暮らしの独身男性のなかには、
このまま賃貸で住み続けようと
考えている方もいるかと思います。

その場合には、老後に必要なお金を
計算する上で、家賃を足して
考えなければなりません。

住む場所を変えるなら、家賃も
変わりますし、引っ越す時期によっては
引越しの資金も必要です。

10年以上先までを計画にするのは
難しいことですが、
今考えておけば少なくとも
行動までに時間をかけることは
無くなります。

備えあれば憂いなしです。

sakura



スポンサード・リンク


関連記事

  1. cb6a37f8e048f29a6295ccdafeb3aae0_s 子供の教育費の貯め方!大学まで行かせたい!?ミンナどうしてる?
  2. 8729ed0cae8284cec81df0a71cb45a19_s 老後の貯蓄はいくら必要なの?どんな方法があるの?
  3. 4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s 40代の平均貯金額を独身女性・夫婦・独身男性で調べてみました!
  4. 80b726caeeb4c2dddaaf6279d539c3ba_s 1年間で100万円貯金するならコレ!成功例を徹底的に真似しよう!…
  5. eef7165c848a2bba63df5ce204506518_s 私立と公立の小学校どっち?学費の平均を比較考察【わかりやすく】
  6. e72001241f07a3b9254583c491b3004d_s 賢い貯金の仕方!ゆうちょ貯金や各銀行の定期預金を比較してみよう!…
  7. dd67a2502c58a8e6cef39cf088714efb_s 貯金ゼロからのスタート!何から始めれば?まずは100万円を貯めて…
  8. 8f991c0a833c1278d9a4e07cd6d16405_s タンス貯金か銀行に預けるか?メリットが大きいのはどっち?

NEW

PAGE TOP